スマスロ北斗の拳の有利区間詳説

seiha-eye
スマスロ北斗の拳の研究~その6~

3月27日付け 全機種制覇の旅

北斗の拳のヤメ時を見極めるには、「有利区間切れ」のタイミングを正確に知る必要があります。
例え大連荘の後だとしても、終了直前に有利区間を切っていれば、そのラッシュでの出玉は事実上「なかったこと」になるので、冷遇を受けることもありません。

また、高設定を打った際には出来るだけ冷遇を受けるギリギリラインまで打ってやめるのが、期待値を最大化する最善策であることに変わりはありません。

ゆえに、「有利区間切れ」に関する知識は設定推測方法並み、、、否、それ以上に重要だと私は思います。
その上で、明確に(切り替わったのが)ここだ!とわかれば、そこを基準に、そこから差枚が1800枚以上出たところをデッドラインにして見切ればいいので、理論としては単純です。

では、まず、有利区間が切れ、再セットされる(貫く)タイミングについてから始めましょう。

とその前に。
補足(追記)
記事中では「差枚が概ね2150枚を超えたら有利区間を切る」と表記していますが、それ以上に重要な要素である2000枚付近に「有利区間を切らせない壁」が存在していることについての言及を忘れていました。当たり前過ぎて、コンセンサスを取れている前提で記事を書き進めてしまいました。すみません。指摘してくださった書き込みに大変感謝しています。
今回は、有利区間を切ることの意味と、きったらどうなるのか?に関してだけの考察ですので、ご了承くだされ。
追記ここまで。

スマスロ北斗の拳に限らず、ほとんどのスマスロ、6号機において、有利区間が切れる(再セット)されるタイミングはほぼ決まっていますし、高確率で公表されます。
大抵が、AT終了後かエンディング到達時です。

しかしながら、スマスロ北斗の拳は特殊でして、それは、小役パートとバトルパートの繋ぎ目です。(ぎゃあっはっはあの画面)
AT開始(オーラ出現)画面でもなく、終了(リザルト)画面でもなく、無想転生チャンスでもなく、無想転生ボーナスの前後でもありません。
小役パート30ゲームを消化した次(かその次かその次)ゲームです。(ソース有、確定)
その1~3ゲームのわずかな間に有利区間を切り、非有利区間を経由して、再度有利区間に入るのです。

そして、有利区間が切れる条件についても、ほぼ判明しています。

それは、「ぎゃあっはっはあ」が出た時点での差枚が約2150枚を超えているときです。(私は過去に一度2160枚で切れなかったことがありますので、カバネリの燃える命エピソードのように、条件枚数きっかりでは無いのでしょう)

おそらく、それ以外で有利区間を切る抽選はしていないと思います。(ソース無)
広く構えるなら2100~2200枚。少なくとも2100枚未満で有利区間が切れることは無いと思います。(ソース無)

無想転生チャンス(エピソード)、無想転生バトル、昇天、いろいろそれっぽいタイミングはありますが、これらと有利区間切断は全く無関係でしょう。

なぜかと言うと、、、仮に無想転生チャンス突入時に有利区間を切る抽選をしていたとしましょう。
そうすると、それまでの出玉情報がリセットされるタイミングが格段に増えてしまい、出玉試験の合格率がグッと下がります。
何より、そんな頻繁に有利区間をリセットしてしまっては、再セット時の恩恵(後述)から、出玉率が恐ろしいことになってしまうでしょう。
100%あり得ないと断言できます。

ついでに無想転生チャンス成功時(=バトル突入)に有利区間を切る抽選をしているかどうかも考えて見ましょう。
仮にそのタイミングで切る抽選をやっているとすれば、理論上、無想転生チャンス成功後の上乗せ(追加ストック)や直後の小役パートでのVストック抽選は、そもそも存在しないことになります。
くどいようですが、有利区間がリセットされるタイミングは「ぎゃあっはっはあ」のゲームだけです。(確定、大前提)
なので、無想転生バトルに突入したことを条件に有利区間を切るとすれば、最初(1セット目)の無想転生バトルの小役パート30ゲーム消化後に有利区間をリセットすることになりますよね。
有利区間がリセットされると言うことは、それまでの出玉情報やラッシュの継続率、ストックなどは全部リセットされると言うこと。
なので、チャンス成功後も追加ストックの抽選をやっていることが見て取れるため、このタイミングでも有利区間の切断抽選はやってない可能性が極めて高いです。

また、無想転生ボーナスについても、同様です。
あれは、有利区間がどうのというより、継続率93%を担保するためのストック高確率CZという位置づけだと思います。

では、次に、有利区間が切れ(て再セットされ)たらどうなるのか?です。

1,継続率が84%か89%のラッシュに当選し10ゲーム消化(見た目上、継続バトル間)の後、即発動する。(見た目上はラッシュは継続している)

これは間違いないです。
実戦上、理論上、様々な観点から整合性が取れてます。
もともとの継続率が89%だったときのみ、格下げが起こります。振り分けはおそらく1:1でしょう。

2,ストック抽選がある。

これに関しては確証がありませんが、多分ある。
推定50%でストックのCZを抽選。当選時は無想転生ボーナスか無想転生チャンスに突入。(CZ中は毎ゲーム自力で上乗せ抽選)
ストックチャンスに漏れると、見た目上は何も起きず、そのまま、初期ストック無しで84%か89%のラッシュが始まる(見た目上は継続する)んだと思います。

3,内部的には無想転生バトルと同じ状態になる

これは、理論上、間違いありません。
有利区間を切り、再セットする際、前の情報は一切引き継ぎません。
なので、無想転生バトルでストック大量保有状態で貫こうが、66%継続で何とかギリギリ貫こうが、新たに有利区間がセットされれば同じこと。悟りの書を使おうが、遊び人からの転職だろうが、賢者は賢者。
無想転生バトル非経由の貫きであっても、内部的には無双転生です。
何なら貫き時に無双転生チャンスを引っ張ってきて、それに成功できなくても、内部的には無想転生です。(ただし初期ストックは無いので単発終了の可能性はある)

それでは最後に、有利区間が切れたタイミングは確実に察知可能か?について書きたいと思います。

結論から言うと、無想転生バトル中はほぼ不可能。ボーナスが絡んでくれると、察知できそうな気もしますが、、、絡まなければ察知不能。
当然、2150枚が分水嶺となるわけですが、2130枚の時に切れたのか、2170枚の時に切れたのか、まではわかりません。このくらいになると、1セットの純増が70枚とかに落ちることもありますしね。
どうやっても150枚程度の誤差は避けられないと思われるので、ゲット2200枚付近で終わらないことだけを願いましょう。(ゲラ)

一方、無想転生バトルを経由せず、自力到達の場合は、そもそもの継続率にもよりますが、ピンポン察知できることが多いと思います。
私はこれまで5回ほど自力で到達(有利区間リセット)していますが、全部、2150枚を超えたバトルパートで84%継続確定演出がこれ見よがしに出ました。
2回が雲高速からの死亡(リン復活だったと思う)、1回がトキ無想転生天翔百裂拳、1回が百裂拳ヒット、1回がパンチ死亡からのユリア復活でした。(後半3つはそのまま無想転生チャンスへ行きましたが、雲高速の2つは行かなかったと思う)
これは多分わざと出してるんだと思います。
無双転生チャンスに入るには攻撃ヒット以外、劇的な回避か復活を経由しなきゃいかんので、そういう演出選択率になるのだと思います。

いずれにせよ、2150枚にメドを置いておけば、誤差はせいぜい150枚。
冷遇か否かを見逃すことは無いと思います。

コメント

  1. オールド聖闘士 より:

    有利区間切りの成功率も知りたいですよね。
    この辺って2400枚毎の終了具合で読み取れたりするんでしょうかね?
    北斗の万枚率が低い当たりが気になります。
    無想転生チャンスとボーナスでうまく有利区間間の整合性持たせてるのはよく出来てますよね、感心しました。
    フリーズ開始のATは序盤にやたら何も引かずにボーナスが飛んでくるのが実は内部で共闘ループスタートしているから無想転生チャンス=無想転生ボーナスが頻繁に来るという説も納得です。

    • esperhouseesperhouse より:

      僕も知りたいですし、一番気になります。
      おそらく、継続率によって違うだけでなく、直近の差枚数に応じてラッシュに強弱があるんじゃないかなあ。設定差は、、、無さそう。

      万枚率が低いのは、単に(2400枚ごとの)有利区間突破の壁がいちいち高いからでしょう。

      整合性の取り方に関しても、全く同意見です。
      通常時の演出もそうですが、本当によくできていると思います。
      ただ、、、悪質極まりない冷遇デキレは、とにかくいただけないっ!!
      そのせいで、「いかに自然に騙すか、からスタートしたら、素晴らしいシームレスな仕様になった」としか思えないのが残念。