今日はこんなことがありました 218

パチスロ日記

京都編

4月8日(木)
スロットルのイベントが日を追うごとに先細っていく昨今、遊タイム狙いから始まる日は、日に日に増えるばかり。
8の日はもともとイベント空白日ということもあって、今日も朝一は遊タイムの抽選からスタート。

向かった先はオンライン、しかも無料でデータ確認ができる西院ドーム。 相手関係は厳しい店ですが、人数はほぼ固定されているので、打てる台(=はまり台)が多ければ一転ねらい目となり、個人でも十分戦えます。
この日は絶好のねらい目(期待値が5000円を超えるもの)が2台、それなりに狙える台(同3000円前後)が5台ほどあったので、迷わず突撃。 概ね、20人くらいの中で一桁を引けばチャンス、2番以内を引けば大チャンスなので、熱いよね!

引けた番号は6番。
さすがに、2番は無理でしたが、何かしら打てる番号を引けて一安心。 前の動き次第でどこの列に入るか臨機応変に決めなきゃいけない点で、まだ安心はできませんが、数的に座れるので後は実力(?)次第。

開店
番号なりに埋まって行って、無事、候補の一つであった化物語(物語シリーズ2)の残り320に着席が叶う。
釘は見た目に悪くなく、導入されてひと段落着いた準新台なので、そこそこ回りには期待できそうだけど、、、

1000円で16、、、玉の流れも悪くないけどなあ、、、
10000円(分の貯玉)を使い切ったところで164回転でした。(期待値は約2000円)
正直、もう少し欲しかったところですが、ライトミドルや甘はどこもこんなもんですよね。 いわゆる「右」でカットできない突破型のミドルは、16~17ぐらい回るだけでマシだと思わないと息ができない。そんな世の中。

さて、この台。
最近のサミーのクセに随分と大人しいんですね。
緑保留のうっとおしさは健在ですが、保留が無くてもそこまで煽らないし、 リーチハズレ後の何とかゾーン煽りや再発展煽りが無い(少ない)ため、普通に打てるね。
スロットルの物語シリーズはかなり飛んでた(良く言えば原作の世界観を大事にした、悪く言えば何が起こってるのか意味不明)ので心配だったけど、 それも無く、至って普通の台って感じ。 スペック的にありがちだし、この版権の台が出過ぎなので、長期稼働は厳しそうだけど、今後もちょこちょこ打つ機会はありそう、、、

、、、だが、許さん!!
天井まで引っ張って、遊タイム発動、即当たり4ラウンド、単発抜け、ゲット300でエンドってどういうことよ!?
考え得る最悪のシナリオを初打ちで決めてくるって、このクソがっ!!絶対許さん!!
適当なところで当たって、4ラウンド、突破できずエンド→許せんけど、許す(?)
遊タイム発動、10ラウンド取って、単発抜けエンド→許せんけど、許す。(?)
せめてこの展開で放り出せやっ!!(?)

とにかくクソ台!!クソ台っ!クソ台!
2000円勝てるはずの台で、2万負けたわっ!!クソがっ!


失礼しました。
気を取り直して、スロットの島へ。時刻は11時半。
何か打てそうな台はないかなーと島に入るも、ノーイベント日とはいえ、目の前に広がるのは、ただの荒野。
開店前なのか?と思うほど、客がいない。
番長に1人、絆に1人、、、ジャグラーにはちょこちょこいるけどそれでも5~6人。 リゼロ、クソムネ、モンキー、劇場版など、ひと昔前の島である機種やバラエティーに至るまで、とにかく客がいない。
ほぼ等価交換になったため、設定が入らなくなったとはいえ、遊びやすさはアップしたはず。 それでいて、この稼働の無さ、、、6号機というかスロットルの春はまだまだ先のようです。

帰宅、、、
しようと思ったのですが、新台で入ったパルサーSP3が600回転でビッグ4のバケ4で捨ててあるのが目に入る、、、
導入3日目。2台設置でここまで高設定らしき挙動は無い。ドーム店は新台の扱いはそれなりによく、 ケロット4だったか、ラッキー海物語(共に6号機のノーマル機)が入ったときには、確か2~3日目に高設定っぽいグラフ(履歴)の台があったはず。

競馬は記憶のギャンブルというが、パチスロは記憶の遊戯だと思う。

ド平日だけど、入る根拠はそれなりにある中で、この履歴。
ましてや、リスクの少ないノーマルの6号機。小役カウントを併用すれば、設定推測もそれなりに可能。

打たない手はない、、、よね。




午後5時。
短いお昼休憩は取ったものの、ほぼ全力で回した結果がこれ、、、

4700回転でビッグ10バケ17、、、
私が打ち出してからは、4100回転でビッグ6、バケ13。
小役は設定6なみの1/6,6(全役合算)、ビッグ中には「赤」(高設定示唆強)が1回、「緑」(示唆弱)が2回出現。

悪夢。
キラキラネームがちょうど流行りだしたころ、子供に「悪魔」と名付けようとして役所に却下された事件がありましたが、 もし今日、僕に娘が生まれたら「悪夢」と名付けるところでした。 妻が西洋人だったら、ナイトメアにしてたかもしれませんが、そんなことはどうでもいいですね。わかりました。

とにかく、出ないノーマル機はどうしようも無いので、出玉が全部飲まれたのと、 投資が1000枚を超えたことを鑑み、白黒つけたい気持ちがある中で、撤退となりました。
理論的ではありませんが、これ以上は追えないよね。一種のエスパーヤメ。

一言言いたい!!

クソ台!!!

では無かったね。
正直、かなり面白かったです。
通常時は意味があるレベルで小役に設定差があるため、小役カウントで間が持つこと。
当たりは重複がメイン(推定)のため、ドット演出の強弱に応じて、狙い分けができること。 更にボーナス優先のため、小役奪取のため「小技」が効くことや、 限定のリーチ目が見れること。(例、7かカエル左上段からのベル揃いはすべてリーチ目)
何より、リーチ目がきれいで懐かしいこと。

設定どおりに当たれば、さぞかし楽しいんだろうなあ、、、

が、現実はパチンコと合わせて、4万負け!という惨事。大炎上。
ローリスクな勝負だったはずが、まさに想定外のタコ負け。

悔しい、悲しい、「今日中」に取り戻したい!!
普段なら勝負がついたこの段階で、帰宅となるわけですが、今日は、どうしても帰れない!!このままでは帰れない!!

何より、負けを受け入れられない!!

必ず取り戻す!!今日中に!!




続く!!

そうそう、パチンコパチスロは適度に楽しむ大人の賭博です。
だが、、、!!

コメント