回胴を行く!嵯峨野ラッキー編 その3

全店制覇の旅

嵯峨野ラッキー編 その3

~この記事は過去記事を加筆して再アップしたものです~
京都市内+周辺に点在するパチ屋のイベントにエスパーハウス主宰の私サイコ自らが、突撃し、
お前らに混ざって、設定狙いをし、「収支的」に「癖的」に攻略していき、全店を制覇(プラス収支を上げる)する当企画。
その三回目の侵略地に選ばれたのは、ラッキー嵯峨野店(=嵯峨野ラッキー)です。

今回からいよいよ実戦編!
頃合いを見計らって、満を持しての突撃です。

これまでの導入編で書いてきたように、この店の狙い目となる日は、ご存じ7の日。
そして、何の脈略も無く突然煽ってくる「コンパニオン」の来店日の二つです。
調査の結果、その中でも本命は、7の日ではなく、「土曜に女が来る日」ということがわかった、というところまで書いたと思います。

さっそくその日を待つべく、機会を伺っていたのですが、間の悪いことに11月の本命日は帰省中に訪れた16日でした。
結果的に翌17日も16日同様、思い切った設定配分で、リゼロ、北斗の拳を中心に、設定6と思われる履歴が溢れ、番号さえ引けていれば、十二分に勝負になっており、大きな魚を逃してしまうことに、、、

私にも家族、親戚がいるわけで、さすがに法事の予定だけはどうしようも無かったです。
「君は京都で何してるの?お仕事は?」と当然親戚のおっさんに聞かれるわけですが、無職というわけにもいかず、素知らぬ顔で、「うぇっ、ウェブライター、、、です」と答えるのが精いっぱい。

早く人間になりた~い!!(?)

それを受けての27日。
当初の本命日では無いですが、17日の状況が良かったことから、緊急参戦。
ますはその模様からお伝えします。

11月27日(水)
抽選は60人くらい。
客層はどこの店にもありがちな、ウザガキ中心の顔ぶれ。知った顔(プロ)は2~3人。
この程度の数なら何とかなりそうな雰囲気ではある。

引けた番号は、、、33番。

う~ん、これでは狙い台はおろか、リゼロ、北斗は厳しいそう。
無理にジャグラーや、入ってる感じのしない(=確信の無い)「劇場版」や「猪木」を狙うわけにもいかない。
一応入店し、機種ごとの埋まり具合を見ておこうかとも思いましたが、それで一日を犠牲にするのもアレなので、自重。
開店を待たず、退店しますた。

7の日以外(土曜のコンパニオン等)はこれより並びは少ないとのことなので、大体の雰囲気をつかめただけでいいじゃないかな?

後日談
翌日、データを確認してみると、、、
北斗 死亡、中間すらなさそうな感じ
リゼロ 死亡、中間すらなさそうな感じ
マイジャグラー 死亡、中間が3~4台あるかな~程度で「こぜ6」はたったの1台のみ。(全30台)
といった感じで、見てる日付が間違ってるんじゃないか?と思うほどの回収っぷりに呆れるばかり。

このことから、7の日には相当な強弱があることが判明。
そして、店全体が強ければ、推す。弱ければ、引く。というひろーーーい横の比較が通用すると思った。

30日(土)
もう、今月はノーチャンスだと思っていましたが、最後に来ました!!
何の脈略も無い土曜に突然の煽り!!
コンパニオンが来つつ、ポイント交換会をやりつつ、特別景品(富有柿)も並ぶというではないか!!

これだ!!

ホメガのイベントをキャンセルし、単身、右京の魔境、帷子ノ辻へ突撃!!
並びは、、、約30人弱!
直前の27日で回収されたウザガキ共が避けたのか、キング店のイベントと被っているためか、想定よりも少ないぞ!!
大チャンス!!

引けた番号は、、、

3番!!

超チャンス!!
おいおい、また、ここぞというときに、良番かよ!おかしんじゃね~のか!!
と、思いたくもなるよね。

まあ、聞きなさい。
そもそも抽選=クジというものはだね、機械的なデキレでは決してないんですよ。
日本古来から紛争やもめごとを解決する手段として用いられてきた「神事」こそがくじ引きなんです。(ホント)
人知の及ばない、神の仕業。これこそがクジ=抽選なわけです。

品行方正、謹厳実直、清廉潔白な童貞が神によって選ばれる。それがクジです。

なので、私が3番を引くことは、何も不思議じゃない。
良番連発は決して偶然ではなく、神仏がタイミングを見計らって、この私を選んだに過ぎないのです。
お前らにも、神仏の加護がありますようにっ!!南無三!!

狙いは、当然、北斗の拳。
2台に絞ってある。(前日、前々日の回数と差枚両方の面から)
クセは全く掴んでないだけに、半信半疑。
自信はないが、前々日に低設定?で100回付いた台やこの一週間の差枚がそこそこプラスな台よりかは、マシだと思う。
10月の本命日(13日だったと思う)のリゼロは、きれ~に簡単なところに入ってたしね。

開店。
1番と2番は、とても神に選ばれたとは思えない、暇と金を持て余したおじいちゃんとおばあちゃんだったため、スロットルの島には1番乗りすることができた。
難なく、北斗の拳の狙い台に着席。

ほどなくして、埋まるかな、、、と思いきや、埋まったのはリゼロだけ。
北斗の拳はもう一人おじいちゃんが座っただけで、2台空いた状態で入場が完了。
その2台の中に、僕のもう一台の狙い台が含まれており、抽選が無くても確保できることにまず驚く。

一発目を打ち漏らしたら、さっさと移動してもいいかも、、、と考えながら打ち出す。
久しぶりに、朝一座ったとこ勝負じゃなくて、アグレッシブな「立ち回り」が見せられそうな悪寒!!

と思った矢先、、、

貯玉再プレー遊戯に慣れ切った僕は、ここで手持ちの日本円がほとんどないことに気づく。
所持金、わずか1万3000円。
普段なら協力者や常連仲間に金を借りれば済む話しだけど、ここは異世界、右京の魔境。
ただ一人洛中から参戦した都人は浮くばかり、、、(?)

金を借りられる知り合いもいないので、軍資金が尽きたら、たか~い手数料を払って預金を下ろしに行かねばならぬ、、、
痛恨の時間ロス!!

はっ!!
この状況!!まさに、依存症チェックに引っかかる悪寒!
「手持ち資金が尽きても、パチンコを続けたことがある」って設問、あるでしょっ!!
僕は決して依存症ではない。それにも関わらず、依存症チェックではあたかも依存症者を増やすかのごとく、安易な設問で、、、

、、、この件、いらんかったかな、、、記事を推敲するにあたって、最後まで掲載するか端折るか迷ったお。(ゲラ)

まあ、とにかく、当てりゃあいいだよ!
設定6なら、開始450ゲームで当たって、ラッシュに入り、後はその出玉で行けるでしょうから。
最悪650まで行っても、(理論上)ギリギリ足りる。

そんな感じで、最初から尻にちょっとだけ火が付いた状態で打っていたわけですが、、、

投資3000円を使い切ったところで消化できたゲーム数はわずか66回転、、、
おかしんじゃね~のか!!
な~にが遊べる5号機を更に遊べるようにした6号機だよ!!
1000円で50回るんじゃね~のかよ!

責任者出てこい!!

そこからも状況は変わらず、あまりに気持ちが収まらなかったので、
ほどなくして、コールボタンを押し、従業員を呼ぶ。
おいっこの店の北斗の拳は裏物か?お?正規の基盤でこんな回んね~わけないだろ!!
という、顔をしながら、「軍資金が枯渇し、金が無いのでおろしてくる」、、、と告げ、寒風吹きすさぶ中、一人コンビニへ、、、

、、、この件も、、、以下略。

もう一台打つ覚悟で5万円おろして勝負再開。

当初の予算以上に、、、
負けを取り返すべく、、、
これまたダブルで依存症ポイントを獲得だああああ!!(この件も、、、)

と、同時に、600ゲーム手前でこの日、初の世紀末モードへ。(この時点で設定6の目はだいぶん薄くなってる)
仮にここで当てても、おそらく次は250以内だよな~などと、すでに気持ちは「次回」に向いてる。

結局、この世紀末モードでは刺せず、650ゲームの仮天井でヒット。
設定6のイレギュラーなら、ラッシュはついてくるだろう局面。
ハズレベルでの連勝をイメージしながら打つも、、、

ダメ。

玉2個ということもあり、力なく初戦負け。
鳳凰の夢はついえたか、、、

まだ狙い台のもう片方は空いてるけど、ここまで来たら取り切って終えるより他、無い。
午前中にして、敗戦処理。最悪の状況である。

そして追加投資。

途中、80ゲーム過ぎで「断末魔」に入り、そこで強チェリーを引くも、ノーヒット。
きっちり240までハマり、総投資は47枚貸しとは言え、想定より5000円以上多い、23000円まで膨れる。

玉は3つ。
小役レベルは3まで上がり、「継続後」だし、何とかなりそうなレベルにはあるが、、、果たして、、、

1戦目。
15%を通し、確定対決で勝利。
2戦目。
25%を通し、これまた確定対決で勝利。
大事な大事な最終戦。
勝率は65%くらいあるが、果たして、、、

う、、、んん、、、

勝利!!!
超久々(一週間ぶりくらい)に通したぞお!!

やったーこれで、二台目打てる!!今日の負けは2万5000円以内で収まる~!!
超ハッピー。

そして、続くぞ~!!
600枚、800枚、、、1000枚!!
初めて1000枚超えたぞ~!!
こうなれば昇天が見えてくる~!!

ってところで、きっちりやられるのな。
♪すぐに終~わ~る~。ゲット1100枚。エンド。

の画面で弱チェリー引いて復活したあああああああ!!!!(それともすでに昇天モード?だった?)

その後はなぜか、黄色以下のアイコンでもバンバン勝つぞ~!
明らかなデキレ。これが昇天モードっていうやつかぁあああ!!

無事、昇天。

一仕事終え、賢者モードで、コインをさらい、次なる台へ。
まだ、狙い台は空いている。
持ちコインは無限にある。絶好の攻め時。

なんですが、そこは賢者。冷静なんです。
(前出の)ひろーーーい横の比較をすべく、店内を一周。

ふむふむ、なるほど、なるほど。

まだ時間が早いとはいえ、リゼロには当たりがなさそう。A天、A天、みたいな台ばっかり。
マイジャグラーも、全然ダメ。全台設定1にしても、こんなに酷いかね?って台ばっかり。

こうなるとですね、「北斗にはある」、とは考えづらく、「北斗にも無い」と考えるのが自然。
幸い、エナができるような台があるので、しばらくはそこで凌ぎつつ、店内の状況を伺うという作戦。

エナ1台目。
北斗「新伝説」
朝一4スルー。(前日0スルー)
なんでこんな台が数十分も放置されてるのか不思議でしたが、答えはすぐに出る。

据え置きなのな、、、(リセット天井をスルー)

イベント日にリセットがわかりやすい(恩恵もそこまでない)機種を据え置くんだね。
隣のプレミアムビンゴが「コインを抜いたリセット対策」の画面だったので、
もしかすると、この北斗も(手で回して)ガックンさせてそう、、、(キモッ!)
悪質ボッタ店の悪寒!!

エナ2台目。
ダービークラブの初代が「オグリキャップ」でレース(新馬戦)に負けた画面で捨ててあったので打った。

レバーオン!!

と共に、復活かと思うほどの爆音を鳴らして、「連闘チャンス」に突入!!狙い通り!
連闘チャンスの成功率は50%くらいだったかな?それも無事に通すも、単発エンド。
(知ってたけど)出玉バランスの崩壊した激辛クソ台だということを確認し、秒で離席。

3台目。
前回250ゲームでヒット、継続の130ゲームすぎで北斗の拳天昇(狙い台じゃない台)が空いたので、移動。
打ち出すこと30ゲーム、七星チャージに入ったところで、前回700天井!、継続0ヤメの北斗の拳(これも狙い台じゃない台)が空いた!!

う~ん、移動、、、でしょう!!

250で絶対当たる方と、すぐにゾーンを控えるも、最悪650まである台。
まあ前者だよね。
玉が3つ以上(最初の台は玉0個)あれば、どっち打つ方がいいんだろ、、、など考えながら移動。

結局、僕は250で当たり、通せず終了。元の台も450を抜けたところまで見た。
その後は移動先も無く、完全に手詰まりに。
今更設定狙いをする気にもなれず、2400枚(エナはトントンでエンド)を貯玉して退店したのでした。

一言。
腐っとったね。

27日に続く、完全ガセイベント。
中間設定すら使ってないんじゃね?
そんな状況なので、大火傷の可能性もあったわけですが、なんかとか引きに助けられ、1000枚以上のプラスで終えることができました。
何より、安全圏とも思える数の貯玉ができたのが良かった。

やっぱこの店は本命日に行ってこそですね。

ということで、後は、12月の本命日に突撃し、番号を引くだけ。
もう、勝ちは目の前まで来ている!

さあ、次回、勝負を決めてやろうかね!
乞うご期待!!

コメント