悪質優良店の一段、上を行く!!の段

パチスロ日記

1月21日付け 太秦コード店実戦記

前回の「全店制覇」で、ながーい導入をご覧いただきましたが、いよいよここからが本編。
その導入編は→太秦コードという悪質優良店

1月12日(木)
某ード太秦店において現実的に設定が入る定期イベントは6の日と8の日で、そこに、不定期で月に2~4回公約系の「ライジン」や代理店イベントが入ってくるというのがお約束の流れ。ここを「うまく」狙って行くのが、この店の基本的な攻略法です。
今日はその不定期イベントの日。かつ、新イベント一発目の開催日であります。

当太秦店は、導入編でも触れたように、他店での常識が通用しない特殊な店ではありますが、「新イベントは熱い」という常識は普通に通用します。(ゲラ)

イベント内容は店内10%以上=16台以上設定6!!かつ、その内2台並びが3か所。というもの。熱いよね!
それにしても、このご時世に、しかも新発イベントの一回目に、何でそこまで具体的な配分というかイベント内容がわかるのかというと、、、

店内に掲示してあるからです。(ゲラ)
決して、私が京都のインフルエンサーエスパーハウスであることを踏まえた上で、「慈善のステマ」を期待してのリークがあったわけではありません。
特に今回は、「てっぺん」とか「最高の笑顔」とかありがちな隠語?を使うのではなく、サイコロの6の目が普通に描かれてましたからね。(法的にアウトだと思う。)
それを見たときには、今は亡きカスマックスよりも、カスだと正直思いましたね。

ガセの権現カスマックスはガセをやりすぎて死んだ。(とアンチの僕は今でもそう思ってる)
某-ドはそれに続くのかい?それとも?

でも、こういう脱法。ガチなら大いに結構。
法令順守を呼びかけるより、企業努力を応援するのがパチスロ人情物語ってものよ。
エスパーハウスは血の通う、人情味あふれるパチスロサイトを目指しています。(真顔)

それにしても、交差点を渡った先には交番があるんですけどね~。
つまらん交通違反(横断者妨害)は積極的に組織的に罠を張ってまで誘い込むように取り締まるクセに、目の前で堂々と行われているパチ屋の違法行為は見逃すんですね~。
もしかしたら、K察は新聞の報道しない自由のように、取り締まらない自由が認められているのかもしれません。
(実際に通報するバカがいて、ちょこちょこ怒られては、いるようだけど)

あ、お巡りさん、ここです!!あなたが毎日勤務する交番から一番よく見える店です。そう、区役所の隣のね。

一応、通報しますた。国民の義務を果たした瞬間です。

さて、そんなあからさまに射幸心を煽りまクリスティーな出玉イベントですが、冷静に考えると、普段の6の日より弱いんですよね。
6の日は、六三郎ということで、6×3=18台が設定6というもの。
今日は並びというヒントこそあるものの、設定6の台数は普段の6の日よりも2台も少ないわけでして、、、
店は自己矛盾みないなものに気付かないのかしらね。

と、これからもわかるように、この店は普段からへーーーーーきでガセをする店なんですよ。

この際なのではっきり言いましょう。
この店はガセイベント、嘘イベントを行う店です。

店内告知やラインでの煽りにプラスして、愛想のいい従業員が気軽に話しかけてくれ、時として設定やイベントについて熱く語ってくれるわけですが、、、

その多くは嘘です。虚言です。
6の日に設定6は18台もありません。しかし、悲しいかな、「ある」と言います。ガセは無いといいます。目を見て対面で話しているのに、です。
当然、客はみーーーーーーーんな気づいています。

王様が裸であることを。
側近であり、運命共同体の構成員である大臣だけが、わかっていながら、王は裸ではない(ガセは無い)と言い続けているのです。

もう一度言います。
この店は基本ガセです。嘘とイカサマで成り立っています。

しかし、嘘を信じさせるには、ホンの少しの真実を混ぜなければいけません。いわゆる左翼の手口です。(?)
それが、見せ台であったり、今日のようなガチイベントなのです。
特大の詐欺を行うとき、少額の見せ金を渡して、信用させようとするでしょ?それと一緒。

コード太秦店で勝つには、イベントの真贋の見極めが何より大切なのです。お前らが忘れているゴリと言う名のガセ。 まだこの店ではその遺伝子が受け継がれているのですっ!!
ゆえにガセありきで戦い、数多の虚勢を見極め、わずかに実在するエサだけを掠め取る。これが唯一の勝ちの道。

今日はその、壮大な仕込みの日。餌巻きの刻。
おそらく、店は客に設定6を掴ませ、幅広く小銭を撒くことでしょう。
それで一時の信用を買い、後日、それ以上に刈り取る。

半沢直樹で言うところの、倍返しを狙ってのものです。
その証拠に、12日以後、熱そうで、勝てそ~なイベントが不自然に頻発しているではありませんかっ!!

なので、今日は打ち手としては攻めの日。
隙を見せたら、打つ。否、討つ。

今日は存分に狩らせてもらうで~!(再プレーの範囲内で)

ということで、本来はこの店では禁忌でもある王道機種である番長から勝負!!

ただ、当然と言えば当然ですが、ゼロモードを保険に打つわけで、力なく抜けたらヤメという逃げ道を用意しての番長狙いです。(これが絆ではなく番長を優先した理由)
ヒット→ATを2度繰り返した場合のみ、抜け後も打つ。という戦略。

1台目、ダメ。2台目もダメ。3台目もダメ。4台目も、、、全部スルー。ATどころかバケすら当たらず。

おいっ!!リセットかけてんのかっ?と言いたくなるレベルのやれなさで番長を撤退。(余談ですが前日の桂店での実戦からトータル7連続スルー)
次は、、、

絆。
に着席したんですが、着席と同時に、朝一100ゲームほど消化し、BCを引いた台がATに入ったため、撤退。
吉田宿でもなく、さらに絆高確も点灯。低設定ではなかなか起きない展開なだけに、(その台が)強いと判断したわけです。
さすがに絆に2台もあるとは思えんしね。(この辺も他店の常識が通用するパティーン)

で、向かった先は3台設置でまだまだ主力のまどかマギカ劇場版反逆(前後編ではなく、6号機の初代)。
設定1か6ならボーナス後のセリフだけで簡単に設定がわかる上、リスクも少ないので、攻め!!

着席したのは、3台の真ん中。
前日の履歴が全台00なので絞り込みが効かなかったこともありますが、 まどかマギカ島の両隣は「設定6が極端にわかりやすい化物語(物語シリーズ?)」と「割の高い絆2」なので、機種跨ぎで「並び」を入れてくる可能性は低め。
だったら、真ん中に座った方がいいよね、という理由です。

すると、序盤からCZ強め、「青青赤」のカプセル頻発、300ゲーム超えない、推定低確のレア役で当たる、のこぜ6挙動をかまし早々に確信。
ってところで、456確が出現し、勝負あり。
今日は劇場版で頑張ろうかね。

と言いたいところですが、今日はノリ打ち。

攻めあぐねていた協力者にこの台を委ね、さらなる旅へ出立。
単純に僕の方がいろいろと上手いからね。事実だから仕方ない。

と強気に出たものの、協力者が攻めあぐねていたように、明確な攻めどころは無いというのが実情。
ゆえにリスクも少ない無難なサンダーVライトニングや新ハナビあたりといったアクロス台がいいかな、、、と考えていたところ、新台の真俺の空が200ゲームで捨ててあるのが目に入る。
絵にかいたような判別チャンス!ではあるものの、この店は新台には設定が入らないのと、前日、謎に差枚で2000枚ほどのプラスだったため、今日の設定投入期待度はすごく低い。
こういう台を低リスクとはいえ、やみくもに攻めていると勝てないことは重々わかっているんですが、なんせ200ゲームヤメだからね。打つしかない。

ここまでの履歴は、朝一、80ゲーム付近、次も100ゲーム過ぎで当たっており、共に自力=俺タイム経由と思われ、そのATも共にやれておらず、デキレ台にありがちなゲット200枚くらいで終わっている。 すなわち、未だに設定6を判別する上でのデッドラインである256ゲームは超えていないばかりか、2度のATは共にカスラッシュに終始してるわけです。=チャンスあり。
仮にこの台がAT後0ゲームで即ヤメしてあれば、そのまま通り過ぎていたんですがね、、、

打ち始めてすぐ。
図ったかのように256ゲームでヒット。今となっては、確定!と自信をもって宣言したいんですが、、、
いかんせん初打ちなのと、設定5以下の挙動についてはよくわかっていなかったため、この時点ではそこまで強いとは正直思っていませんでした。
何より、このATが赤だったんですよね。挙句、一撃で1300枚も出たんです。

皆さんもご存知だと思いますが、設定6は青7が多いだけでなく、いわゆるデキレの「ミミズグラフ」になりがちです。それだけに、いかに256で当たったとは言え、赤7経由でゲット1300枚ですからね。

正直、迷いましたよ。もう一周追うかどうか。(青7やデキレ赤7のゲット200枚とかなら、確信の続行だったんですがね)

でもまあ、イベントがイベントだし、256で当たったんだし、抜けるまでは、、、という弱い気持ちで追った結果、、、

応援、ありがとうございました。(ゲット4000枚)
というお話し。

たまたま?
いいえ、これがこの店で勝つ唯一の道です。
まともに戦ってはいけません。うまくいったときだけ戦う。
常に最悪の状況を考え、いかに負けないかを意識することが大切なのです。

リスクを抑え、店の想定の一段上を行く。それでようやく見える勝ちへの道筋。
この店で勝てれば、他のどの店でも勝てます。

ボッタ店には近づかないことが一番ですが、やりようによっては勝てる以上、挑む勇気も必要。
ましてやイベント空白日で他に行く店が無いときなどはな、、、

太秦悪質店は今日も皆さんの挑戦を手ぐすね引いてお待ちしております。
乗って残そうローカル線、打って残そう脱法過疎店。

交換時、「こーゆー日だけでなく普段も来てくださいね」と嫌味?を言われて本日の実戦は終了。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. より:

    この店で無闇に掘って火傷しなかった記憶がありません。よくみる顔はやはりいつでも逃げ道を残し、薄氷を踏むような立ち回りをしていますね。あと並びに目敏いw

    • esperhouseesperhouse より:

      さっそくのコメントありがとうございます。(ゲラ)

      ホントおっしゃる通り、やみくもに掘っては焼かれるだけです。
      逃げ道を残し、リスクを抑えるかが肝。

      と、ここまでご承知あるならば、もう勝ったも同然。
      次なるイベントでお会いできるのを(手ぐすね引いて)楽しみにしております。