やっぱりオキドキが世界を救う!

最新台クロスレビュー

2月17日付け 全機種制覇の旅

去る1月31日をもって、5号機は姿を消し、6号機時代が始まりました。
これを英語で言うと、New era has come since Jan31th.と現在完了を用いて表現するわけです。 過去に起こったことが、現在も続いている、「継続」的用法ですね。
日本語はその辺が曖昧で、これは漢字の父である中国語も同様です。 過去のことが現在も続いているのかどうかは、文脈で判断するという言語。 現在完了がピンとこない、これはある種、国民性と言えるでしょう。

さて、新時代の到来に合わせるかのように、年明けから、数多くの新台が投入されました。
資金力の面から、撤去台を全て新台で補えるかというと、そうでもない店がほとんどで、 機種数の割には、入れ替えは小規模であったと言わざるを得ません。
正直、番長ZEROは例の半導体不足で、供給台数の少なさも影響したと思いますが、多くて10台。設置の無い店も散見されます。
番長3と総入れ替え!一挙20台!!のような店もあるかな~と思っていただけに、少しばかり拍子抜けしました。

その分、聖闘士星矢やリノ、アラジンといったサブ(?)の機種も幅広く導入されたことで、 多様性や選択肢の広がりと言う意味では、これでよかったのかもしれません。

2月16日現在、入れ替えはひと段落しました。
新台も導入から2~3週間が経過し、ちまたの評価も固まりつつある段階です。
我々は末端の打ち手である以上、他人の評価など関係なく、打ちたい機種、面白かった機種を打てばいいのですが、 それはやはり設定ありきです。
いくら好きな台と言っても、設定がまるで入らない、泡沫回収機種であれば、面白さも半減。
機種選びを妥協してでも、設定が入る機種を攻めなければ、楽しめるものも楽しめません。これが現実です。

となると、「設定が入る機種」を知ることが勝ちへの道であり、楽しむ道でもあると言えます。

では、設定が入る機種とは、どういった機種なのか??
それは簡単です。
皆さんも重々お気づきでしょうが、安定して稼働がある機種です。
今で言うと、ジャグラー、絆2。去年なら、そこに番長3です。(当然、店によって、差はあります)

安定して稼働がある機種と言うのは、店も利益を計算しやすく、いろんな意味で「頼り甲斐」がある機種です。
同時に、他店との競争上、出さないといけない機種でもあります。
早い話しが、高稼働の機種を攻めることが、勝ちへの近道だと言えるのです。

なぜそんな話しを今更するのかというと、、、そう、5号機から6号機に変わり、新台が多数導入されたからに他なりません。
入れ替えがひと段落した今、今後、「軸」になる機種選びをする段階にあるのです!ドンっ!!

このまま絆でいいのか、ジャグラーは?番長ゼロは?聖闘士星矢は?
今日はその疑問にお答えします!!

ここから先はエスパーハウス有料会員限定です。
会員登録してからご覧ください。「いいね」ボタンもお忘れなく。

まずは、、、、
1)オキドキ
導入当初は機種の特性上、稼働は疎ら(まばら)で、私の見込みを裏切るものでしたが、「トロピカル」の撤去を境に稼働はジワジワと増加。 梅津デマッセのように、メインとして扱う店も散見されるようになり、中古価格は高騰しています。
6号機の仕様(規制)と相性のいいゲーム性から、「世界を救う(はず)」(詳しくは過去の記事をご覧ください)だと今でも思っています。
初代もそうだったように、店ごとに温度差が出る機種であり、強い店と弱い店の差が顕著に出始めています。
単純に設置台数の多い店は厚遇、少ない店は冷遇と考えていいでしょうし、実際、稼働状況も設置台数に比例しているように思います。

設置台数の多い店では今後も状況は良いと予想され、また「番号」を要求されないことから、設定狙いの軸として考えてもいいと思います。
店選びが特に重要なだけに、リセット具合も含め、いろんな店を見て回ると良いでしょう。

2)リノ
言っただろ?ダメだって。
それなりの導入があった割には、すでに稼働はぶっ飛び、ここから回復することはないでしょう。
初当たりに大きな設定差があり、設定推測が容易なだけに、狙い目ではありますが、設定的な期待はもはや不可能。 あまりの稼働の無さに機械代の回収が先決と舵を切った店も多いでしょうし、、ほとんどの店が導入したことを後悔している段階にあると思います。(安かったんだろうけど)

一発台に設定差をつけてどうするよ!!
そもそもで間違ってるよね。老舗のくせに、しょーゆー基本的なこともわかってないとは、、、(怒)
ゲームバランスの崩壊した、クソ台とドヤ顔で断言します!!

3)聖闘士星矢冥王
見せ方や演出のバランスを含め、打感としては決して悪くはないんですが、 ラッシュである程度の枚数を獲得すると、あからさまな「ストッパー」(=デキレ)が働くところが致命的。
結果、ラッシュの価値や一撃性に乏しく、「通し」続けても出玉が減るという欠点が重くのしかかり、稼働は右肩下がり。
設定状況が落ち着く今後は、更に稼働は落ちることでしょう。

個人的には、(デキレで上限がある分)安定して枚数を取れるAT機は歓迎なのですが、 未だに一撃を求める層にパチ屋経営の是非がかかっている以上、そうも言ってられんわね。

来月には、アネモネやギアス、前後編のような強イベント時には、、、的なポジションに収まるんとちゃうか?

4)番長ゼロ
ゲーム性の要である「ゼロ絵柄」が押し順でコントロールされていることから、 特にラッシュ中はデキレ臭が漂い、それがどこまで許容されるか、、、というのがまず最初に感じた疑問点です。
そして、設定6は3周期までにほぼ当たり、設定5も劣化設定6のような動きをするとのことなので、設定がわかりやすすぎるような点も気がかりです。

ゲーム性の面でも、正直あまり面白くないですよね。通常時は普通に打てるんですが、肝心のラッシュがね、、、
スーパーアラチャンの劣化版のようなST風の特化ゾーンのみで出玉を増やすという感じが単純に熱くない。 やっぱATはドーン!+300!!が気持ちいいよね。
崖から飛び降りるか気張る(?)しかないワンパターンな演出もどうかと思うし、、、

現時点ではまだ、番長の持つブランド力で高稼働が続いていますが、ほどなくサラリーマン番長2のように通路化するような気がしてなりません。
そりゃ打つよ!!稼働があり、設定が入る内は、、、

(言い換えるなら)今が最後の攻め時か!?

5)アラジン
番長、マイジャグラー、聖闘士星矢、バーサスに押され、新台では5番手以下という立ち位置のアラジン。 単チェが強チェで、3連チェリーが弱チェという逆転現象の違和感は相変わらず。
このまま埋没か、、と思いきや、、、
有利区間(2400枚制限)のくびきをブレイクしており、オキドキのようなゲーム性を持つことから、大化けもありそうなんですよね。
現に、入れ替え当初は全然稼働してなかったのに、徐々に稼働が上がってることからも、ノーマークではいられないことは間違いありません。

とはいえ、設定6で108%程度と機械割は低く、目立った設定差もなさそう、挙句荒波、、、となれば、、、そりゃ見送りよ。
店も出玉が出て、儲かる機種という認識を持っているでしょうから、しばらくは回収要員として様子見、されるのがオチ。
攻めるとすれば、増台時か、顕著な設定差が公表されたとき、、、でしょうね。

今はその時では無い、、、とだけ言っておきます。

6)マイジャグラー
うん、よくわからん。ジャグラー打たないから評価できない。
ベースが上がった分、儲からない、高設定は安定して出る、ので設定も使えないという負のスパイラルが机上では見えてるだけに、 近いうちにジャグラーは死す!!(これも過去の記事をご覧ください)という考えは変わっていません。

面白くねーし、勝てないとなると、打つ意味なくね?というのが正直な印象。

7)バーサス
何度か打ちましたが、、、
ビタ、無理だよね。面白い面白くない以前に、、、

先日ワンバケで4回ミスってゲット60枚を記録したことで、自分の老いと衰えを実感しました。
珍古オヤジに引導を渡すという意味では貴重な役割を担っていると思う。

ビタ系機種は引退しますっ!!

私のことはさておき、この新バーサス。
どうなんだろうね。
高頻度かつハイリスクなビタが要求されるとはいえ、ディスクや新花火同様、設定1で放置、と言うのが現状ではないでしょうか?
かつて5号機時代にはアクロスに力を入れていた店であっても、その扱いは「目押し完璧なら102%」がネックとなり冷遇が続くような気がします。
設定1前提で、ガス抜き、暇つぶしで向き合う機種となるでしょう。

ここまでザっと、新台を、データを参考にしつつ主観主体でレビューしました。
オキドキ以外は未来は暗そうという悲観的な印象を持った方もいることでしょう。
でも、やがて来る6,5号機では有利区間の獲得枚数も緩和され、その先には有利区間の撤廃も見えていることから、 今を乗り切れば、、、といいたいとことですが、、、
その、6,5号機も「短期、中期の出玉率試験」の観点から希望は持てません。

6号機である以上、オキドキが事実上の最高系なのです。
そう考えると、まあ悲観的にならざるを得ませんよね。

New era has come.
But still now nothing to change.

と言うわけです。

続く

コメント