回胴を行く!千本ドーム編(予告編)

全店制覇の旅

スーパードーム千本中立売店編 予告編

京都市内+周辺に点在するパチ屋のイベントにエスパーハウス主宰の私サイコ自らが突撃し、 お前らに混ざって設定狙いをし、「収支的」に「癖的」に攻略していき、全店を制覇(プラス収支を上げる)する当企画。
その四回目の侵略にも無事?成功し、一段落。皆さん、いかがお過ごしか?

さて次はどこの店を、、、と思ったのですが、あまりレスポンスが無いので、棚上げとなっていたわけです。
その割には、「早く次の店に行け」というリクエストだけはちょこちょこ聞くんだよね、、、店名を言え店名をっ!

そんな中、上京区千本中立売にあるドーム店が2か月もの長期休業を挟んでリニューアル。 奥の駐輪スペースを店舗へと改築、増床し、パチンコを増設+スロットコーナーが少しおしゃれな島設計になりました。
これほど大規模のリニューアルは、その工費を心配することよりも、「本気」であることを期待するべきで、 向こうひと月の出玉状況は市内他店と比較し、抜きん出るものと予測すべきです。

そもそも千本通り界隈は、古豪キング(の事実上の本店)、東の横綱サンラッキーという強く大きい競合店が立ち並ぶ、洛中で最も熱い地域です。
これら競合店との戦いを勝ち抜く上で、規模でやや劣るドーム店の増床はむしろ必然。
店舗の大型化が生き残りの唯一の手段という昨今の潮流も踏まえると、「選択と集中」の「集中」対象となるのは自然なことだと思います。
その分、「選択」(=切り捨て)されるであろう地方部のドーム店のオワコン化はさらに加速することでしょうけど、、、

さて、そこで、、なんです。
このドーム店、メルマガや掲示板では大チャンスと繰り返し書いていますが、現実はどうなのか?
設定状況がいいことは当然として、実際に「自分」はその恩恵にあずかれるのか?
軍団、プロ、常連、、、そやつらに金を配るだけで、クソ番を引かされるか余り物のクソ台を打たされるのが関の山。 そう考えている人も多いでしょう。

あえて言おう。
死ねばわかる、、、と。(?)

間違えました。
打てばわかる。勝てる配分なんだと。
通えばわかる。至れる入れ方なんだと。

まあ、言うのは簡単よね。
漢は背中で示す。

ということで、「全店制覇の旅」の第5段は特別企画として、千本ドームのリニューアルを攻略することに決定しました。
期間はひと月。5月23日までの間にどれだけやれるのか、エスパーハウスの本気をお見せします。

乞うご期待!!

~おまけ~
千本通り界隈は昔ながらの個人経営の飲食店が立ち並び、交差点の西には商店街が天満宮まで伸びています。喫茶店も含めると、徒歩5分圏内には、10を超える飲食店がひしめき合っている激戦区でもあります。

しかし、値段が味やサービスに見合ってない店が多く、いわゆるコスパが悪い店がほとんどです。
あの「王将」すら、まずいってどんだけ?
マクドナルドがまともに感じるレベルです。

とはいえ、探せばあるもので、最後に千本中立売界隈の優良飲食店をご紹介して、予告編は終わりにします。

1,十二籃(じゅうにらん)(中華)
最近話題になっている、街中華の店です。
野菜炒めと担々麺が抜群に旨く、お昼の営業も2時ラストオーダーで使い勝手もいいです。
提供スピードも速いのでパチ屋の休憩時にも十分間に合います。シャイな男性従業員がとってもキュート。
(土曜休業)

2,京のなんば一番たこ杉(たこ焼き屋)
北野商店街を西へ5分ほど歩いたところにある、店内飲食もできるたこ焼き屋。
回転が早く、いついってもアツアツで旨いたこ焼きが「商店街価格」で食べられる。
洛中では1~2を争うたこ焼き優良店。
やや遠いところと、先客の数次第で提供速度が極端に遅いことがあるので、休憩中には向かないのが難点。
気難しい女性従業員がとってもキュート。

次回に続くっ!!

コメント