俺的設定推測に自信を持て!!の段

パチスロ日記

3月7日付け 聖闘士星矢冥王 番長ゼロ

5号機と6号機の劇的な違いって、なんだと思う?

僕は、設定推測のしやすさだと思います。

今更いちいち細かいところから説明しても長くなるだけなので、省略しますが、
短期、中期出玉率試験が厳しくなったため、高設定には明らかな「デキレ」や「弱ラッシュ」を搭載しないと、 110%を超える割設定がほぼ不可能になった。
そのため、デキレの有無やラッシュの性能に着目するだけで設定の高低が、手に取るようにわかるようになった。
端的に言うと、こうなります。

1000円で50ゲーム近く回るひと昔前の台。
例えば、絆2やリゼロ。
こやつらは、秒で設定がわかるというほどでは無いにしろ、時として開始15分ほどで(確定演出とかじゃなくて挙動で)高設定濃厚!! みたいな展開になることが普通にありましたよね。
たま~に、半日打っても設定4なの?6なの?ってことはあるにせよ、有利区間を3~4周すれば、高低の判別は8割程度の信頼度で可能だと思います。
極端な例でいうと、聖闘士星矢SPや青鬼などは、有利区間2周、約1時間もあれば、断定できるレベルだったと思います。

だからこそ、初期の6号機は設定推測の面から非常に立ち回り易く、店の新規開拓も容易でした。

しかし!!
昨今の台(6,1号機以降)は低ベースが影響してか、そこまであからさまなデキレや弱ラッシュが無くなり、 終日打っても設定6だと確信できないこともあるほど、設定推測が難しくなりました。
大負けのリスクも増え、格段に立ち回りづらくなっていると思います。
「うしおととら」や「戦国乙女」など一部の機種は、相変わらずのデキレ全快で、秒で設定がわかる系ですが、 全体的には「高難易度化」「高リスク化」は確実に進んでいます。

そんな中、貯玉再プレーに制限を付けてくる店も増えだし、再プレー自体をやめる店まで出る始末。 貸し玉料金もいつの間にか「46枚」が主流になり、店の設定状況以外の部分で苦戦している人は多いのではないでしょうかね。

私もその一人なんですが、じゃあ、プロ連中はこの危機とどう向き合っているのか?
今回の日記にヒントがあるのではないかと思います。

3月3日(木)
サンラッキー系列の強い日。
相手関係的に、サンラッキーのイベント日は基本「向日町」を選んでいる私ですが、今日は「二条へ」。
理由は単純。向日町店から想定された事前「煽り」より、弱いメールが届いたから。
周り(=客)が勝手に「3月3日」の期待度を上げているだけで、店は意外に冷静だなあ、、、と感じ行先を変えたわけです。

二条店。
並びは、少なく見積もっても、200人、、、足切りこそありませんでしたが、250番までは入っていたように思います。

引けた番号は120番くらい。
まあ絶望的ですが、台数は多いのと、幅広く設定が入る店なので、一応、入店してみることに。

当然のように、末尾3やぞろ目、メイン機種は全滅。
辛うじて、聖闘士星矢冥王が空いており、前日データを確認し、着席。(直近の当たり回数少な目、マイナス履歴)

番号なりの着席なので、不利な勝負であることに変わりはありませんが、比較的設定推測のしやすい部類の機種だと思っているので、 (当日の)挙動頼みでも勝負になると判断した次第です。

開始100ゲーム。
日時計(コスモポイント1000)と被りましたが、おそらく「規定ゲーム数の消化」でヒット。

出てきた突破率は日時計で獲得した「箱」で6%の上乗せをして、56%。
何らかの「アシスト」が無ければ、3戦突破できる確率は20%もありません。

が、、、
普通に突破。ノーレア役、ノーカットイン。
ひと昔の台なら、この時点で高設定確定、、、濃厚です。

さらにラッシュが「弱」なら、、、

はい、最初の特化ゾーン「ペガサス覚醒」は最低保証の5ゲーム終了、130枚スタートなので、弱でしょう。
この時点で、ひと昔の、、、以下略。

このラッシュはたまたま強レア役の引きがよかったせいか、ゲット600枚まで育ち、強弱がはっきりしなかったのが心残り?ですが、 当たったゲーム数と突破した事実から、高設定期待度はかなり高いと思います。

さて、次。

、、、100代は抜け、300代も抜け、、、前兆の入り方的にも通常(=A)モードである可能性が高そう。
はい、599ゲーム。Bですかね。それともAですかね。当たりました。

現在公表されている、いわゆる「解析値」から推測すると、この時点では何もわかりません。
しかし、自らの実戦経験とデータからの分析では、500ゲームを超えた時点で、設定6ってかなり薄いんですよね。 500を超えるはまりは、終日打って、1回あるかないか。そんなレベルだと思ってます。

順調に推移しして、昼過ぎごろに食らうならまだしも、2周目ですからね、、、
さすがに厳しいと思います。

確かに、まだ(高設定の可能性)ありますよっ!

でも、もうないでしょ。(禅問答)
いつやめるの??

、、
、、、

強イベント、余り台ではあったけど、過去の傾向から可能性は十分ある台。
追いたい気持ちと言うか、(高設定を)捨てたくないはありますが、現金投資である以上、追ってはいかん台だと思うのです。

公表値という裏付けがなく、実戦値を元にした自分だけの判断基準。 それを根拠に、引くというのは勇気がいることです。ましてや金がかかってるわけだしね。

せめて通して、持ち玉遊技になれば、、、とも思いましたが、肝心のGBは、、、

箱3個分で74%の突破率を活かせず、無力の初戦負け。
女みたいな顔して、声はおもいっきり男な、そうじゃない感が強すぎるサービスキャラのパンチで死亡。
本当に、アテナの聖闘士には地上の平和は守れないと思った。

はい、ここまでですね。
もうやめるのか?という視線は感じますが、「鳳万里を駆ける、燕雀その志を知らず」。

時間はまだお昼前。
店移動して、セカンドチャンスを狙える時間帯です。
向かった先は、「大都機種」を煽るイベントをやっている太秦の某-ド店へ。

稼働はほぼゼロ。
リゼロのカードすら手付かずですが、1台だけある新台の番長ゼロが、50ゲーム130あべしで空いてた。
そこまでのデータは粒2つで当たって、ラッシュに入り300枚ほど出てたというもの。

この店の番長ゼロは導入以来、高稼働を誇っているものの、未だ(高設定の)投入実績は無し。 (ラッシュの初当たり)過去最高データが「9回」というのがそれを裏付けていますよね。
ぞろ目の日ではあるけど、煽りが普段の「大都の日」、程度ではまあ今日も期待薄かな、、、大人しくリゼロを、、、

と思ったのですが、ゼロモードかつ130ポイントも溜まっていれば、エナ的にもノーリスクなので、ひとまず打ってみることに。
バケでも出て、1トンや5トンからラッシュに繋がる。あわよくば456確が出る。なんて神展開もゼロではありませんよっ!!

そんな期待を胸に、迎えた最初の特訓が無事ヒット。
バケ!を祈るも、出てきたのは、、、

青7!!!

こうなると、少なくともゼロモードを抜けるまでは追わないといけませんよね。
※実戦上、高設定ほど初当たり時に青7が選択されやすい。設定6だとビッグの30%(!?)

以下実戦データ
40P チャンス目から 赤7 虹まで昇格しラッシュ当選

330P 当たらず、も紫オーラが消えず、ゼロモード継続。 
330P 無事ヒット 赤7 虹まで昇格しラッシュ当選

330P 赤7 赤まで昇格しラッシュ当選

330P 赤7 同上

0P(有利区間セットゲームでチャンス目) バケ 5トンもラッシュ無し

130P 青7 虹まで昇格しラッシュ当選

300P チャンス目でヒット、赤7 黄色で終わるも、パンダ捜索中?に強チェリーを引いてラッシュ当選

330P バケ 1トン ラッシュ無し

20P チャンス目でヒット、バケ 5トンもラッシュ無し

330P 抜け、通常ステージ移行

11周目にして、初のゼロモード抜け。ここまでずっとゼロモード!!
そして、ここまで、ゼロモードでのヒット率は驚異の10/12!!
ラッシュ当選率はビッグからは驚愕の7/7(内、青7、2/2)!!バケからは0/3、、、

高設定、、、なのか??
この時点で出玉は4000枚オーバー!!(実戦開始から4時間も経ってない)
ライジングからの一撃2200枚が効いているとは言え、これは冷静さを失う展開、出玉ですよね。

でも、、、
この店のこれまでの実績、番長以外は全く手ごたえ無しと言う当日のお寒い状況を加味すると、安心するにはまだ早いです。

1時間後、、、

はい、(設定6は)無いですね。

3回目の「バケ5トン」がラッシュに繋がらず、バケからの入りは0/4に。
通常時の総ゲーム数は2000(そのうち400ゲーム程度が「本前兆」だとして)。実質ゲーム数は1600ゲームくらいで、直撃はゼロ。
その後、青7は一度も無し。
3スルーこそしないものの、初当たりも重くなり、ラッシュ間も1000ゲーム越え。

ここまでかな、、

何より気になったのは、4000枚くらい出てた時、普段は(出玉に)無関心な「主任」がわざわざ様子を見に来たんですよね。
邪推かもしれませんが、「低設定なのに短時間で出過ぎ=ゴト」を疑って、確認しに来たんじゃないかと、、、

閑散としたボッタ店では、たった1台の誤爆がその日の利益に直結しやすいので、気がかりなのでしょう。(ゲラ)

これが決め手?となり、ゼロモードを抜けたところでヤメ。

正直、設定4は固そうなのと、設定6の可能性が現実的に残る状況なので、この見切りが正しいかどうかは分かれるところです。

でも、時間は夕方5時を過ぎ、店の状況を総合的に判断すると、ここまででしょう。
バケから1度でも、もしくは直撃が1度でもあれば追いましたが、、、
いや、むしろサンラッキー店ならノータイムで追ってました。

このように、設定推測や押し引きは総合的に判断するべきものだと思います。
そこに不可欠なのは、自分で集めた実戦値やデータに対する自信と、実戦に応用できる決断力では無いかと思うのです。

解析値が隠される今だからこそ、頼れるのは自分です。

コメント