全店制覇の旅

ジェイズ編〜導入編〜

京都市内+周辺に点在するパチ屋のイベントにエスパーハウス主宰の私サイコ自らが、突撃し、 お前らに混ざって、設定狙いをし、「収支的」に「癖的」に攻略していき、全店を制覇(プラス収支を上げる)する当企画。
その四回目の侵略地に選ばれたのは、ジェイズ店(葛野大路八条)です。

第一回目の今回は導入編として、僕の元から持っているこの店に対する印象と、実際に下見で得た手ごたえ的なものをまとめた準備回です。 「コロナ」の影響が最大限に出ているため、まだ実戦は先になりますが、概況から狙い目まで一通り把握できたような気がするので、 ひとまず先出ししたいと思います。

ちなみに、、、今シリーズは店に対する予備知識が全くないので、完全初見実戦です!
さすがにここも勝ちきったら本物と認めてくれよなっ!!(?)

まずは例によって、どんな店なのか軽く紹介。
ジェイズは別名「脱税ズ」と呼ばれ、葛野大路八条という微妙な立地も手伝ってか、知る人ぞ知る穴場的パチ屋として、南区にひっそりと存在しています。 もう20年近く前になりますが、巨額の脱税で摘発され全国ニュースになったことは、皆さんの記憶にも「鮮明に残っている」ことでしょう。
パチンコパチスロの台数は、合わせて約400台、駐車場は広々、300台という典型的な郊外型中規模店で、 市内(府下も?)には系列店は無く(脱税当時は京都、大阪で5店舗を経営)、今時珍しい「単体」でやっている法人です。
情報公開は脱税の摘発で懲りたのか、市内の各店と比べると別次元に乏しく、 データのオンライン公開はおろか、メールやラインですらイベント等を一切告知しません。 そればかりか、イベントを匂わせる、例えば送付景品や屋台来店などの「抵抗」もほぼ見られず、 イベントの有無はもとより、それ以前に「出す気」があるのかさえ怪しい、無気力系のボッタ感すら漂います。
客が固定され、店の存在感が薄いのも、立地だけでなく、このあたりに原因があるのではないかと思います。

50枚貸し5,6枚交換。台移動、共有可能。「再プレー」は無し。抽選入場。毎日9時半開始。足切り無し。
阪急西京極、JR西大路駅から徒歩20分。交通の便は極めて悪い。
以下「下見」で感じ取った内容。

前回の「嵯峨野ラッキー」編が終わり、次の侵略地が脱ジェイズに決まって以降、早数か月。
何度となく下見に行ったので、その具合をまとめたいと思います。

概況
稼働はまずまず。 もう少し欲しいところですが、パチンコとジャグラー、番長、凱旋あたりには一定の固定客がおり、利益は十分に出てそう。 少なくとも、低貸しと新台しか動いてないという状況では無いので、持続可能な営業が続いていると思います。
パチンコの釘はおそらく万年釘でやる気なし。勝てる見込みは全く無いように見えました。
他店同様、イベント日にメイン機種を打つ。これが基本戦略となりそうです。

イベント日
定期イベントは1のつく日(1、11、21日)で、月一イベントやぞろ目、機種煽り等は無く、 旧イベント日がそのまま全体イベントになって残っています。 アルバイトは1の日の存在について言及してくれましたが、白服(正社員)は「イベント等はK察からの指導により、一切やっていない」の一点張り。 「人が多く集まるのはいつだ?」という聞き方をしても、全く相手にしてくれませんでした。 脱税の摘発がよっぽど応えているようです。(?)
並びは大体30人。土日は50人。番長、北斗の順で埋まります、、、というより番長北斗にしか客がいません。

(ぱっと見の)設定状況
北斗の拳(8台設置)には設定6が1台、設定4が1〜2台という配分が下見期間中延々続きました。 番長(8台設置)も稼働具合とデータを見る限り似たような配分だと思います。
設置台数と設置位置からも北斗、番長がこの店の看板機種であることは明白で、まずはこの二機種の確保が至上命題となりそう。

サラッと書きましたが、この店にも設定6は確実に存在します!!

この二機種以外となるとせいぜいジャグラーに「よさげ」なのがある程度で、全体的に見ると厳しめ、、、というより無理。
辛うじて、毎回、ファンキー(6台設置)には設定56?と思わる回数がついているのと、上手い人が朝からジャグラーの島で「探している」(=高設定が入っている)ので、 何とかなるかもしれない。(打たないけど)
あと一つ上げるとすれば、エウレカ(6台設置)。 これも台数と位置的に看板機種扱いを受けてそうな感じがするんですが、現状、(イベント時でも)稼働が無く手付かずになっています。 設定が入っている感じは全く見受けらない中、誰も狙ってないので、出玉があるときの移動先としてチャンスがあ、、、ればいいな。(希望的観測)

絆2に関しては導入台数が2台と極端に少ないので、増台が無い限り、静観が妥当でしょう。
新台鬼武者、化物語も同様。

絞り込みとねらい目
例によって、普段、稼働が無いのでボーナス回数やグラフ(=差枚数)からの絞り込みは難しい。 直近の4月1日の当たりは「回数が少ないところ」だったので、やはり簡単なところから、、、というのがセオリーなような気もします。 というより、番号なりに前日回数の少ないところから埋まるのかな?
ひとまずは「前回当たり台」を意識(消し)しつつ、前日回数が少ないところを候補にして台を選びたいと思います。
もちろん、機種は北斗の拳一択。突撃するのは1の日一択。


以上のように、もう、準備は万端なのですが、世の中はコロナの渦の中。
私は自粛はしませんが、設定配分やコロナの罹患リスク等々を踏まえると、今は見送りが妥当か?

嵯峨野ラッキー編とは違った形で長期戦となりそうですが、どうか最後までお付き合いくだされ。

カウンタ新設